機材柄

 22.5 [2135]

お疲れさまです。

飛行機のデザインについて。
かなり主観的なので、適当に読み流して下さい。

今の日本の大手航空会社のデザインはかなり地味です。
というか、面白みに欠けます。
J○Lなんてひどいものです。
デザインも文字フォントも残念な状態。

ディズニーだのスターウォーズだの、高いライセンス料を払えば良いデザインになる?、という誤解も感じられます。
JALウェイズにはときどき良いデザインがありました。
でも、素地がアレなのでねぇ(+_+;)

最近、気になるのがJTAのジンベイとANAのA380のデザイン。
正憲は小さな点々が集まる柄があまり得意ではありません。
蜂の巣や蓮の種みたいな柄です。
水玉の小さな物も、バックカラーによっては苦手です。


ANAのA380は、わざわざ亀に・・・・・。

どうも、日本の航空会社は機材に「目」を付けたがるようです。
生き物系なら、天草エアラインズの機材がシンプルで良いなぁ。
「目」以外の胴体部分の図柄が単純なのが良いです。
スッキリとしているほうが、好印象なのですよ。

J○Lのように白を基調にするなら、正憲の一押しはハワイアン航空

ハワイアン航空はデザイン評価でも常にトップに上がってきます。
昔の柄も良かったですが、今のデザインはとてもgoodです。
アイキャッチ画像に使っているエア・ジャマイカも美しいデザインです。
写真は以前のものですが、現在のデザインもステキです。

日本の航空会社で良かったのは、今はどちらも存在しませんが、ハーレクインエア日本エアシステム(後期)ですね。


エアバスのハウスデザインを受け継いだ日本エアシステムの機材は格好良かったです。
特にA300-600Rのボディに合っていました。
J○Lと合併してしまったのが残念でなりません。
ハーレクインエアは福岡空港を拠点とした日本エアシステムの子会社でした。
那覇-福岡便で使われていたので、2回ほど乗ったことがあります。

日本の航空会社もシンプルで印象的なデザインを取り入れてほしい、という切なる願い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA