日欧EPA

 24 [2119]

お疲れさまです。

2月1日より、日欧EPAが発行しました。

【新聞の言葉】
EPAは英語のEconomic Partnership Agreementの略で、日本語では経済連携協定といいます。国際間の経済取引をスムーズにするために関税をなくして貿易を自由化したり、人や資金の移動、サービス、知的財産保護などについても連携を深めようというものです。

買う側にとっては税金分が減るのでメリットがあります。
造る側は関税による保護が受けられなくなる可能性があります。
立場によって、メリット・デメリットはそれぞれのようです。
特に乳製品やその加工品についてはいろいろ心配されているようです。

話題はワインです。
最近から少しずつ飲み始めています。
白ワインはそれなり、赤ワインは美味しいですね。
でも、直ぐに頭痛がしてしまうので、量をあまり飲めません。

残念(+_+;)

ワインとEPAですが、こんな記事がありました。

【新聞の言葉】
Aeonは欧州産ワイン約500種類を最大1割安くすることを発表しました。メルシャン、サントリー、アサヒ、サッポロなどもヨーロッパ産のワインを11~20%値下げするとしています。

全体として1~2割ほど安くなるようですね。
まとめ買いしやすくなります。
宅飲みはしたことがありませんが、ワインパーリーなんて良さそうですね。
次なる購入家具はワインセラーかな(笑)。

他にはチーズなども安くなるようですよ。
ワインのおつまみ(^^)。
将来的にはチョコレートも安くなっていくようです。
ワインのおつまみ(^^;)。

今年は欧州ワイン元年になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA