単数形・複数形

 22.5℃ [2113]

お疲れさまです。

海外旅行に行くのが好きです。
旅行で一番の懸念事項は「言葉」。
外国語は何よりも苦手です。
英語は会話なんてできるレベルではありません。

ほんと、何を学んできたのだろう・・・・・。

アジアの言葉以上に、欧米の言語には親和性が全くありません。
学ぶのを困難にしているのは分かっています。
「数の概念」「冠詞」「性」
英語に関しては「性」はあまり問題になりませんが、他の欧州言語には「性」の概念があります。

たとえば、ドイツ語の『車』
der Wagen (男性)
das Auto (中性)
似た言葉でも「性」が異なることがあります。

あとは「冠詞」ですね。
不定冠詞「a」とか定冠詞「the」ってものです。
なぜに区別しているのか?
それに「数の概念」も加わると、ほんとややこしい。

「数の概念」は日本語には薄いです。
まったく無いわけではないですが、気にする頻度が少ない。
“ペン”は1本だろうと100本だろうと、“ペン”です。
“ペンず”とか“ペンえん”とか変わるわけではありません。
“a pen”とか“100 pens”というような変化がないわけですよ。

ところで、どうして欧米人は数にこだわるのでしょう。
しかも、「1つ」であることへの執着が感じられます(苦笑)。
“a pen”ですが、“100 pens”と“10,000 pens”には違いはありません。
それに加えて、単複同形とかあり得ない・・・・・。
どうして、わざわざ複雑な話し方をしているのか?

もっとシンプルに会話したらいいのに。
もっとシンプルなら習得しやすいのに。
「数の概念」がほとんど無いアジアの言語のほうが、まだ習得しやすいですよ。
同じ「SVO」や「SVC」の語順なのに違うものですね

と、海外に行くたびに、英語地獄に悩む正憲であります。

「単数形・複数形」への2件のフィードバック

  1. そういう文法的にややっこしいところがあるので、ハングルを勉強することにしました。文法は日本語とほとんど同じなのでストレスがありません。(笑)

    1. ◆ 謙介さん
      ——————–
      若かりし頃に私も韓国語を独学したことがあります。
      「てにをは」もあり、日本語の文法とかなり似ていますね。
      単語を覚えられずに断念してしまいました。
      外国語を学ぶには、学問や生活に根ざしていないとなかなか上手くいかないようです(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA