バリ島の宿泊情報(2)

26.5 [2102]

お疲れさまです。

バリ島の宿泊情報2回目です。

前回は『バリニー・ヴィラ&スパ (BaliNea Villa & Spa)』を紹介しました(前回記事)。
ホームページはこちらです → Balinea
このヴィラはLGBTフレンドリーであり、ゲイ専用ではありません。
ノンケさんや女性、一般の方も宿泊されます。

[注意] 平成29年9月時点の情報です(最新をチェックしてください)

今回紹介しますのはゲイ専用ホテル
男性というだけでなく、「gay only accommodation」とホテルの宿泊ポリシーに書かれています。
スミニャックのビーチ近くにあり、とても便利な立地で、しかも静かな場所です。
その名は『スパルタカス (Spartacvs Bali Hotel)』
ホームページはこちらです → Spartacvs

スミニャックやレギャン通り近くには何ヶ所かのゲイ専用ホテルやゲイ専用ヴィラがあります。
これらのほとんどは2~6室ぐらいのこぢんまりしたもの。
クロボカンの2施設でも8または10室ですが、ここSpartacvs Hotelは12室あります。
正憲が知る限り、一番大きなゲイ専用ホテルです。

部屋数が多いということは宿泊者も多いわけで、施設内での出会いが期待できます。
Spartacvs Hotelの最も有名な特徴は、Clothing optionalな施設ということでしょう。
「着衣はオプション」
なんという素敵は響でしょう!
着衣はオプションなので、アンダーウェアや全裸で滞在できるということです。

バリ島のヴィラはどこもそうですが、扉から中が見えないようになっています。
この扉をくぐると、ゲイオンリーの世界が広がっています。
と言っても、すぐに全裸の人がいるわけではありません。
入るとすぐにレセプションがあり、チェックインやツアーの手配などをしてくれます。
レセプションと下の写真の池まではアンダーウェア以上の着衣が必要です。


池を越えると、いよいよ宿泊エリアです。


上は1階の各部屋と廊下です。
廊下に面して扉と大きな窓があります。
スタジオタイプなので、窓はベッドルームと面しています。
カーテンをオープンにして全裸で休んでいる方や、S●Xしちゃっている方をみかけることがあります。
そういう自由な滞在ができるようです。


プールは一番手前にあります。
誰もが必ず通る場所ですので、皆さんチェックを怠りません(笑)。
サマーベッドではビキニや全裸で日光浴をしている方が多いです。
日中はプールサイド・カウンターにスタッフがいますので、飲み物を注文できます。
夜は適度に照明が落とされるので、ハッテン場のような雰囲気になることがあるそうです。

日中のプールサイドには個人マッサージ(MB?)の子が待機していることがあるらしいですが、正憲は気づきませんでした。
日中は買い物や観光に行っていることが多かったから。
交渉して金額やチップがOKなら、自分の部屋に呼べるようです。
出張ウリ専の子たちもそうですが、レセプションで身分証のチェック後に施設内に入るそうです。
ホテルスタッフにも可愛い子が数名いました(もしかしたら、部屋呼びOK?)。

2階は4室のみで、いずれもスタジオタイプの一番手頃な値段の部屋です。
プールそばの2階は眺めが良く、2階の廊下も出会いの場になっているようです。
どの部屋もシャワーのみでバスタブはありません。
プールサイドにジャクジーがありますが、水圧は弱く、ちょっと冷たいです。


上はスタジオタイプの部屋。
ベッドはクイーンサイズで、高めの部屋はキングサイズになります。
部屋の広さと、プールサイドや設備の違いで料金差があります。
シャワーとトイレはやや狭く、お世辞にも新しいとは言えません。
それなりに掃除はされているので、汚すぎるということがありませんよ。
室内設備は最低限のみで、残念なのはテレビがいまだにブラウン管ということかな。

施設内で着衣が求められるのはレセプションとレストランです。
レストランではサロンを着て、上半身は裸という人もいらっしゃいます。
アンダーウェア以上を着ていたら良いのかもしれませんね。
それ以外の場所では全裸やセクシーな格好、好きなスタイルで滞在できます。


(↑ サロン巻き男子)

食事や飲みたい場合は、近くのペティテンゲット通りに出ると良いです。
徒歩圏内。
美味しいレストランがたくさんあり、コンビニも何ヶ所かあります。
お土産などには向いていませんが、レギャン通りまではタクシーですぐです。

Spartacvs Hotelの嬉しいサービスの一つに、空港送迎があります。
3泊以上する人には無料の送迎が付いています。
予約すると支配人から英語のメールが届き、到着日時の確認があります。
出発日時については、滞在中に早めに相談しておくと良いでしょう。
オーナーさんは愛想はあまりありませんが、とても親切な方でお優しいです。

予約はホテルのホームページからできます。
それ以外ではBooking.comからも予約でき、どちらからの予約でも3泊以上で無料空港送迎が付いています。
バリ島のスミニャックエリアではお勧めのホテルです。
ヴィラタイプが好みの方ですと、ちょっと物足りないかもしれません。

Spartacvs Bali Hotelの特徴をまとめますと、
1)ゲイ専用ホテル
2)Clothing optional(全裸滞在可)
3)客室が5種類12室
4)ビーチが近く、近くにレストランなどが豊富
5)無料の空港送迎(3泊以上で)
6)白人の年齢層は高め、アジア人は若者が多い
7)2階か、一番奥の部屋がお薦め(らしい)

正憲の旅ブログは下のリンクからご覧ください。

バリ島旅行を検討している方でゲイ専用ホテル未経験の方は、情報を調べてみてはいかがでしょうか。
宿泊したことがある方がいらっしゃれば、感想などメッセいただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA