古地図

投稿番号[2084] 天気

お疲れさまです。

短い連休の最終日ですね。
正憲は“やーぐまい(家籠ぃ)”でした。
部屋の掃除をしたり、ダラダラしたりという感じ。
最近続いている頭痛症の影響もありましたので。

さて、先日の新聞記事の話題。
なにやら古地図アプリというものが流行っているらしい。
流行らそうとして記事にしているのかは分かりません。
どちらなのでしょ?
○○男子とか、□□系女子とか、無理矢理流行らそう感が溢れている記事も多いですから。

cc_2016_07_15_004

話を戻して、この古地図アプリですが、江戸時代や明治時代などの地図と現代の地図を掛けあわせているらしいです。
それを見ながら探索できるのだとか。
人が来ないような路地を散策していると、不審者情報出されそうです。
東京や京都を中心に地図が用意されているそうですよ。

まぁ、地方都市まではカバーしていないでしょうね。
東京や京都、金沢などは地図を作りやすく、また、街並みがあまり変わっていなさそうです。
那覇は戦前戦後で細かい道がだいぶ変わりました。
以前に祖父→父から譲り受けた旧那覇市や旧泊村の地図を見ると、だいぶ道は残っているようです。
全く新しい道もあり、面白かったです。

アプリになることで簡単に地図を持ち歩けますし、情報も拾いやすい。
面白い試みだと思いました。
地方都市まで用意できたときはインストールしてみたいです。
今は東京や京都をぶらぶらするような時間がありませんので。

cc_2016_07_15_007

利用している方の意見を伺ってみたいですね。
旅行アプリがそうですが、評判と使い勝手が違うものが多いので。
地図に何を求めているかでも評価が変わってきそうです。
古地図と現在地図の組み合わせをアプリに、というのが面白い発想だと思いました。

いろいろと困ったことが起きていて難儀な日々・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA