穴宣言

投稿番号[2080] 天気

お疲れさまです。

昨日の記事では那覇市パートナーシップ登録制度が開始されることを書きました。
本日から登録予約が開始されます。
正式な登録受付は11日(月)からとなっています。
職場のノンケさん達でこのことが話題にのぼることはありません。
別世界の話なのでしょうね。

さて、今日は別のLGBTの話題。
全日本空輸株式会社(ANA)が正式にLGBT対応をすることにしたようです。
ANA宣言! 腹をくくったようです(笑)。
嬉しい半面、LGBT対応のニュースについて廻る気になるキーワードがあります。

LGBT市場LGBT可処分所得ゲイマネーなどなど

金持っていそうだから対応しようかな、ってことなのかな。
確かに、同じ年代で結婚し子どもがいる男性と比較すると、自分に投資できる金額が大きい分、それだけの経済効果を産みそうです。
旅行好きのゲイが多いことは、航空会社など旅行産業は把握していると思います。

まぁ、斜めから見るより、ここは素直に喜ぶことにしましょう(苦笑)

(詳細はこちら→)ANAのLGBTへの取り組みについて

cc_2016_07_07_006

LGBTパートナー同士でもマイレージの利用が可能になるそうです。
いわゆる、家族登録ができるようになるわけです。
条件としては、1)同居の証明(住民票の提出)または 2)地方自治体が発行するパートナーシップ証明書等の提出が挙げられています。
同居していることを証明すれば登録できるのですから、ソフトバンクと同じ内容ですね。

正憲のまわりでは、登録したよ!という話はまだ聞きません。
もしかしたら、周知されていないのかもしれませんね。
同居していて、住所を同一にしているカップルさんは検討の価値ありだと思います。
こういう動きが、航空産業やホテル業、様々な業種で増えてくれるとありがたいです。

その前に、一緒に登録してくれる相手を探さないと・・・・・(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA