LGBTQ

投稿番号[2075] 天気

お疲れさまです。

cc_2016_06_16_003

今月12日未明に、米フロリダ州オーランドのナイトクラブで銃乱射事件が発生しました。
犠牲者は49名にのぼり、重症を含めた負傷者も多数いるようです。
犯人とされるアフガニスタン系米国人はその場で射殺されたそうです。
とても痛ましい出来事であります。

当初はISIL絡みと考えられていた事件ですが、途中から様相が変わってきました。
犯人は事件現場となったナイトクラブPULSEで10回以上目撃されているそうです。
しかも、One-Night-Loveの相手を探していたのだとか。
有名なゲイSNSアプリにも登録していて、セフレを探していたそうです。
ISILも「IS戦士の云々」とすぐに発表したのでややこしくなったわけです。

モテなかった腹いせでしょうか・・・・・。

精神的な問題を抱えていたようですが、だからといって許されるものではありません。
犯人が射殺されてしまったので、真実は分からなくなってしまいました。
ヘイトクライムは年々えげつなくなってきています。
誰もが安心して暮らせる社会、マイノリティが堂々と暮らせる社会を築いていきたいですね。

cc_2016_06_16_002

今日のYahoo!ニュースの記事です。

【AFP=時事】 英国を代表するゲイ雑誌アティチュード(Attitude)は15日、7月号の表紙に英王室のウィリアム王子(Prince William、33)が登場することを明らかにした。英王室メンバーがゲイ雑誌の表紙を飾るのは初めて。ホモフォビア(同性愛嫌悪)などに基づく性的少数者いじめに反対することが目的だという。

cc_2016_06_16_001

若年ゲイの自殺や虐め、存在について、LGBTQ当事者たちと語り合ったそうです。
王族がLGBTQの問題に関与するということは、政治的に喫緊の問題なのか、逆に社会から取り残される問題への動機付けだったのかもしれません。
意地悪な見方をすれば、王位継承へ向けた準備ということかな?(苦笑)
何にしろ、未成年のゲイが抱える問題は相当大きなものなので、それに社会の目が注がれることは良いことだと思います。

ただ、こういったLGBTQの動向はどうしても欧米に偏りがちです。
ロシアやイスラム圏が正しいとは全く思いませんが、国や文化による違いは影響が大きいです。
日本だって独自の在り方がこれまであったわけです。
急激な欧米化よりも、日本に会った形を早く見出していくことが大切だと思います。

GayPrideのパレードは欧米文化では受け入れられるかもしれませんが、日本においては今まで以上に奇異なものに見られるのではないかと心配になります。
LGBTQおねぇ系、というマスコミの影響も大きいと思います。
ゲイなら何か面白いことしたり、言ったりしてくれる、みたいな先入観。
困りますよねぇ、日頃はノンケとなんら変わりない凡人ですから。

ここ2週間ほど、LGBTQに関わる事件、話題が多かったように思います。

先日、ドライブで行った『備瀬のワルミ』の写真を正憲の旅ブログに載せています。
良かったらご覧ください(下のバナーをクリック)。

沖縄地方は本日梅雨明けしました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA