騒音車

投稿番号[2065] 天気

お疲れさまです。

年度初めでドタバタの毎日です。
皆さん、元気に過ごしていますか?
花粉の季節になってきているようですので、気をつけてくださいね。
花粉疎開の話は今年は聞きませんが、そろそろ始まると思います。

急に暖かくなり、さらに暑くなってきましたね。
日中はほぼ冷房をつけています。
昨晩はさすがに冷房をつけようか悩みましたよ。
窓を開けて寝ることがないので、閉めているか冷房をつけるかです。

昔、窓を網戸のままで寝ていたら、夜中にスススッと音がしました。
何だろう?と思っていたら、ベランダの網戸がゆっくりと開いているのです。
音を立てないように頭を上げてみてみたら、ベランダに黒い影がうずくまっていました。
網戸をゆっくりと開けています。

誰かいる!!!

ガバッと起き上がったら、ベランダの影も気づいたらしく、慌てて隣のベランダに渡り、逃げて行きました。
以前いたアパートは建物の構造的におかしく、ベランダに人が侵入しやすかったのです。
まさか!と思っていましたが、現実のものになりました。
それ以来、ベランダや他の窓を網戸にしたまま寝なくなりました。
襲われたら怖いっしぃ〜(ノー○○ンJK風)。

cc_2016_04_08_001

タウリの職場は通りに面して建っています。
交差点が近くにあり、交通量は比較的多いです。
大渋滞というほとではないのですが、昼間はけっこう流れています。
何もない地域なので、ほぼ通過する車がメインです。

職場には病気の人、体力のない人が入院しています。
病院自体、あまり静かな場所とは言えません。
処置だの検温管理だの見舞いだの、たえず人が動いています。
そうとはいえ、自宅よりは療養に適していると思います。

交差点が近いというためか、交通騒音は以前から気になるところです。
ダンプなど、元々の出力が大きいものは仕方ありません。
ただ、自ら音を発するものには微妙な思いがあります。
選挙の時は特に思いますね。

選挙カーが宣伝をしながら交差点で停まることがあります。
信号を守っているので、停車は仕方ありません。
ある程度の取り決めを行っている政党などでは、病院前での音量を調整してくれます。
たくさん人がいるのに宣伝にならないのは残念に思っているはずですが、どこかでクレームがあったのでしょう。
建物の上のほうは、地上にいるよりも反響でより大きな音に聞こえます。

ところが、お構いなしに音を垂れ流す団体もいます。
主なものは右翼団体、民主党(前)、国民新党(前)、共産党、交通安全協会です。
かなりの頻度で、これらの団体は病院前で大音量を流します。
国民新党(前)の下○幹○氏に至っては、病院前で大演説を展開していました。
別にいいですよ、法律で制限されているわけでもないし、自由ですから。

交通安全協会もひどいです。
横断歩道で交通安全指導をしている人を見かけたら、お構いなしに「お疲れさまです。・・・・・なんだかんだ」とわざわざスピーカーでアナウンスします。
朝から気持ちが暗くなるような陰気な音楽を大音量でかけながら。
春の・・・・とか秋の・・・とかになると、湧いて出てきます。

民主党(前)や共産党も病院前だろうとお構いなし。
「(基地や騒音のない沖縄に)静かで平穏な暮らしを求めて・・・・・」なんてほざいているわけです。
お前らが一番うるさいんだよ!と心の中で思って聞いています。
「安心して医療を受けられる社会を目指して・・・・・」なんて言うなら、患者さんが安静にできるような配慮をしてはどうだろう、と心の中で思うわけです。

街宣車側にしてみれば自分1台のたかが十数秒から数分でしょうけど、それが一日に何十台と通過する交差点そばの建物はたまったものではありません。
みんなのために!と訴えて大声を出す人(達)ほど、他人のことをあまり考えていないように思います。
特にこの街宣車の騒音については。
まぁ、宣伝のために大声出しているわけですから矛盾はありますね。

参院選が始まる頃に、またこの騒々しい街宣車に悩まされることになります

もうしばらく忙しい時間が続きそうです(^_^;)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA